前へ
次へ

骨粗鬆症を改善しながら腰痛を治す方法

昔から栄養バランスの悪い食生活を続けていたので、気付いたら一部の骨が弱ってしまい、骨粗鬆症が原因で腰

more

重い物を持ち上げた時に腰痛が発生する

帰宅後や休日は定期的に運動するようにしています。ジョギングや筋トレなど有酸素運動と無酸素運動を行って

more

突然始まった腰痛はぎっくり腰でした

ぎっくり腰を初めて経験した時、私はその腰痛が「ぎっくり腰」といわれていることを知りませんでした。娘が

more

腰痛と睡眠には非常に深い関係がある

人によって睡眠時間や寝る体勢で寝る場所は大きく異なりますが、普段から不規則な生活をしている人や、あまり布団で睡眠をとることがない人の場合は、腰痛を発症してしまうリスクが非常に高いと覚えておくようにしましょう。布団の上で寝ることによって、比較的柔らかい場所で睡眠をとることができるので、腰の負担を軽減することができますが、床にマットなどを敷いて寝ている人の場合は、硬い場所で寝ている状況になります。これでは他の人よりも腰に大きな負担をかけてしまっているのと同じ状況になるので、普段の生活から布団で寝るようにしなくてはなりません。また寝相が悪い人も腰を痛めてしまう可能性があると覚えておくようにしましょう。同じ体勢をとっていると腰に負担がかかってしまうので、寝相が悪く頻繁に動いている人の方が、腰痛を発症するリスクが低いのではないかと考えますが、寝相が悪い人の場合は、腰を必要以上に冷やしてしまい、冷えの部分が原因で腰が痛くなってしまう場合もあります。自分で寝相が悪いと把握することができている人の場合は、寝具を今現在よりも少し大きめの物に変えるようにしましょう。少し大きめの寝具に変えることによって、寝返りをうった際に布団をかけていない状態を避けることができます。体を冷やす環境を改善することができるので、将来的に腰痛に悩まされてしまう可能性も低くなりますし、今現在腰の痛みに悩まされて睡眠を取ることも難しい状況の人でも、徐々に改善されていく傾向があります。恋人同士の場合は、同じ布団または同じベッドの上で睡眠を取るケースもありますが、少しでも腰が痛いと感じたら恋人にしっかりと説明をした上で、腰の痛みが軽くなるまで別々の布団でゆっくりと寝ることを考えてみると良いかもしれません。実際に別々の布団で寝ることによって、腰の痛みが徐々に改善されてくるなどのケースもたくさんあるので、痛みを我慢して一緒に寝るのではなく、痛みを改善してから一緒に睡眠を取ると言う考えにしましょう。睡眠と腰の痛みは大きなつながりがあるのでしっかりと考えなくてはなりません。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top